Q ケガの症状が交通事故と因果関係がないと言われています

後遺障害の認定を受けるためには、ご自身のケガや症状が事故によって発生したことが認められなければいけません。
いわゆる因果関係です。
通常、事故後に病院に運ばれ、そのまま継続して治療を受けている傷病で申請する場合は因果関係について否定されることは少ないです。

しかし、例えば、精神的な症状や単純なむち打ちで視力が大幅に低下した等になると因果関係を否定されかねませんので、それなりの立証が必要なケースがあります。
元々の持病が事故によって悪化した場合なども、保険会社は認めようとしないことがあります。

いずれにしても、事故を契機に発生した症状、悪化した持病については、たいていの場合何らかの立証の糸口が見つかるものです。
あきらめずに、申請するとよいでしょう。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Q 通院を打ち切られそうです。どうしたらいいですか?

交通事故後、他覚的所見のない神経症状等であれば、半年〜10か月くらいで保険会社から打ち切りの打診があります。
症状が残っている場合は、納得がいかないものです。
治療によって症状が緩和され、日常生活が営めているような場合には、そのまま継続して通院したいと思うでしょう。

しかし、通院時は症状が緩和されるが、同じような症状がずっと残っているような場合は、それが後遺障害として評価されますので、申請のタイミングかもしれません。
後遺障害の申請は症状が残っている時にしなければいけませんので、タイミングを逸してしまう可能性があります。

通院によって完治の見込みがある場合は、通院の継続を保険会社と交渉しなければいけません。
場合によっては自費通院して、後から保険会社に請求することも考えられます。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Q 複数の医療機関に通院していますが、どこに後遺障害診断書を書いてもらうのですか?

ご自分の症状を一番よく記載してくれる医療機関が一般的です。
よく通院している所が、おそらくは医師との信頼関係もできているでしょう。

ただし、歯科などであれば、通常の後遺障害診断書とは別に、歯科用の診断書を記載してもらう必要があります。

また、整骨院や鍼灸院の先生に後遺障害診断書を書いてもらいたいというご希望は多いのですが、書いてもらうことはできませんし、かりに書いてもらっても後遺障害認定には使用できません。
整骨院などは親身な先生が多いので意見を記載した書面を出してくれるケースもよくありますが、現状ではあまり評価はされていません。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする