Q 出張相談してくれますか?

はい。お体の不自由な方については、ご自宅や病院、介護施設などへ訪問してお話をお伺いしています。
出張地域については、ご相談させていただきます。
相談料は原則無料ですが、地域によっては交通費実費のご負担はお願いしています。
これまでも、高次脳機能障害、脊髄損傷、麻痺、骨折等の症状をお持ちの方からのご相談について、訪問させていただいたことがあります。
後遺障害認定をお考えの際は、なるべく早期にご相談いただいたほうがよいため、入院中でもお気軽にお問合せください。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆さん、我慢強い方が多い

交通事故の被害に遭って、通院治療をされている方といいますが、日本人は我慢強い傾向にあります。
医師とどうも合わない、症状を訴えても大したことがないように言われていても、同じ病院に通われている方が多いです。
中には、保険会社と医師から通院を早く止めるように圧力をかけられ続けて、ようやくご相談にいらっしゃる方もいます。

「即、転院すべきです」と申し上げると、初めてその手があったかと思われるようです。
簡単に転院していいと思っていないのでしょう。

その後、自分と合う病院が見つかった場合には、精神的な安定も得られ、見違えるように改善される方もおられます。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通院打ち切りへの対処

Q&Aでも書いていますが、通院打ち切りに遭った場合は、後遺障害の申請に移行するか、自費で通院を継続する方法を取るのが一般的です。
ただ、それでは金銭的に厳しい方は、やはり保険会社に治療費を支払ってもらいながら通院を継続したいことでしょう。

その場合は、自分の症状には継続通院が必要であることを、立証して任意保険会社に認めさせる方法があります。
できれば医師の協力を得て、自身の症状は治療による効果があると主張します。
場合によっては、担当者レベルでは話にならないため、保険会社側の上司に掛け合います。

なお、私の手掛けた事案では、力のある保険代理店さんが掛け合って、通院継続が認められたことがありました。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする