後遺障害診断書を書いてもらえない時

最近は少なくなりましたが、主治医が後遺障害診断書を書いてくれない、書きたがらないケースです。
理由はさまざまです。

・医師が後遺障害が残っていると考えていない
・医師が忙しくて、書く暇がない、書きたくない
・そもそも症状が残っていない
・後遺障害診断書を書いても、認定が取れない

そもそも症状がない以外は、それでも認定を取りたければ書いてもらうべきです。
認定の判断は調査事務所が行うのであり、医師が無理だと言ったケースでも認定されたケースは多くあります。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元々神経症状があっても、あきらめない

高齢者の方に多いのですが、事故前から神経症状を抱えていたので、等級が取れないと思われているケースです。
あきらめるのは早計です。
元から同じような神経症状があっても、交通事故外傷によって症状が悪化した場合、事故と症状悪化との因果関係が認められれば等級認定の可能性があります。
簡単ではありませんが、立証次第です。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高齢者の方からの交通事故被害のご相談が増えています

ご高齢の方から、交通事故後遺障害認定のご相談が多くなっています。

どうしても被害に遭った際、怪我が重篤になる傾向があります。

正当な等級認定がされていないケースがけっこうあります。

自分の怪我で後遺症認定なんて取れるはずがないと考えるからなのですが、その後の生活のために等級認定を取っておいて損はありません。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。