被害者請求すれば認定されていたかもしれない事案

後遺障害認定は、被害者請求でするべきというのが随分と広まってきました。
事前認定ではどういう立証がなされているのかわからず、後遺障害診断書も病院から直接保険会社の担当者に渡されるなどしていれば、本当に何もわかりません。

実際に、最初の認定で非該当事案で提出した書類を取り寄せてみると、これでは認定されないなというのがけっこう見受けられます。
きちんと立証していれば、異議申立の手間が必要なく、おそらくは最初の申請で認定されていた可能性が高いケースです。

事前認定は書類を集める手間が必要ありませんから楽ですが、真に認定を受けたいのなら、やはり被害者請求です。
もちろん、症状が明らかに立証できているなど、例外はあります。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後遺障害診断書を書いてもらえない時

最近は少なくなりましたが、主治医が後遺障害診断書を書いてくれない、書きたがらないケースです。
理由はさまざまです。

・医師が後遺障害が残っていると考えていない
・医師が忙しくて、書く暇がない、書きたくない
・そもそも症状が残っていない
・後遺障害診断書を書いても、認定が取れない

そもそも症状がない以外は、それでも認定を取りたければ書いてもらうべきです。
認定の判断は調査事務所が行うのであり、医師が無理だと言ったケースでも認定されたケースは多くあります。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元々神経症状があっても、あきらめない

高齢者の方に多いのですが、事故前から神経症状を抱えていたので、等級が取れないと思われているケースです。
あきらめるのは早計です。
元から同じような神経症状があっても、交通事故外傷によって症状が悪化した場合、事故と症状悪化との因果関係が認められれば等級認定の可能性があります。
簡単ではありませんが、立証次第です。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする