自損事故でも後遺障害認定できる

自損事故であっても、保険加入の内容によっては後遺障害認定ができます。
たいていは保険金額について自賠責保険より少ないものが多いのですが、自損事故は認定すら受けられないとお考えの方も多いものです。
後遺障害認定については、自賠責と同じく、後遺障害診断書や治療経過といったものの立証が重要です。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

損害賠償額の基準

交通事故の損害賠償額には以下の3つの基準があります。

@自賠責保険が定めた基準
A任意保険基準
B裁判基準

@が一番低いので、相手方に任意保険会社が付いている場合は、自賠責の基準で示談してはいけません。
Aは廃止されましたが、保険会社の内部基準では依然として使われています。
Bは、いわゆる判例が積み重なって作られた基準です。
赤本・青本が有名で、法律専門家が介入した場合には、Bの基準を使いますし、被害者も裁判基準で示談するのが一番有利になります。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交通事故の保険の仕組み

交通事故に遭った際に気を付けてほしいのは、保険の仕組みについてです。
自賠責保険と任意保険があるのは、多くの方がご存知でしょう。

ただ、示談交渉の際に、相手方保険会社の担当者が自賠責保険の金額について話しているのか、任意保険について話しているのかについて、注意が必要です。

任意保険会社は、自賠責保険の金額内で交渉を成立させれば、出費は0ですみます。
任意保険会社は支出をしなければ、その分が利益で会社に残り、担当者の成績にもなります。

そのため、被害者は金額を提示された時、どちらの話をしていて、本当に妥当な金額なのかを理解して話し合いに臨む必要があります。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする