理解ある医師に出会うことが認定に非常に重要

後遺障害認定を考える際に、立証上何ら問題ないケースは、認定もスムーズです。
ただ、多くの場合は、立証のどこかに不備や問題点があります。
他の立証で何とかなればよいですが、やはり後遺障害診断書を含めた医学的所見が大きく物を言います。
そのためには、後遺障害に理解ある医師に出会うことが重要となります。
ある意味、後遺障害に理解があり、診断書や経過等を完璧に書面に落とし込んでくれる医師であれば、我々行政書士や弁護士などが認定を支援しなくても大丈夫でしょう。
ですから、後遺障害認定を考える際には、まず理解ある医師を探して受診することです。
それが上手くいかない、どこを受診していいかわからない場合には、専門家を活用されるとよいでしょう。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後遺症申請は立証が必要

交通事故後、普通に通院して、症状が残っていれば後遺障害が自然と認定されると考えている人は多いです。
しかし、後遺障害を申請したけれど、等級が認定されずに悔しいと、ご相談に来られる方の共通点は「自分で症状を立証する」という考え方がなかったことです。

症状があっても、立証しなければ無いものとして扱われます。
後遺障害認定が原則として書面審査である怖さです。

後遺症を申請する際には、くれぐれも自分の症状が立証できているかという観点で書類を確認してください。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする