後遺障害診断書を書いてもらえない時

最近は少なくなりましたが、主治医が後遺障害診断書を書いてくれない、書きたがらないケースです。
理由はさまざまです。

・医師が後遺障害が残っていると考えていない
・医師が忙しくて、書く暇がない、書きたくない
・そもそも症状が残っていない
・後遺障害診断書を書いても、認定が取れない

そもそも症状がない以外は、それでも認定を取りたければ書いてもらうべきです。
認定の判断は調査事務所が行うのであり、医師が無理だと言ったケースでも認定されたケースは多くあります。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。