示談交渉や裁判は弁護士の独占業務になります

後遺障害認定を支援した後、示談などのサポートも依頼したいとよく言われますが、当方の職域は自賠責保険の後遺障害認定をいかに正当に認定されるかです。
小さな事案であれば、損害賠償請求書を作成して依頼者にお渡しできますが、交渉事は弁護士の先生をご紹介しています。
行政書士は後遺障害認定のプロ、弁護士は交渉や訴訟のプロで棲み分けができています。
当方が後遺障害認定を支援し、交通事故に強い弁護士をご紹介することで、結果的に依頼者が受け取る慰謝料額を最大化しています。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする