弁護士との連携事案

最近当事務所でお受けする後遺障害サポートのほとんどは、弁護士との連携事案です。
後遺障害認定サポートは当方が担い、交渉事は一切、弁護士にお任せしています。
他の行政書士事務所においても、そういう形態が増えているように思います。
弁護士としては得意な交渉や訴訟に注力できますし、行政書士は紛争に介入できないため後遺障害認定に注力します。
つまり、役割分担をして被害者を支援しています。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする