後遺症申請は立証が必要

交通事故後、普通に通院して、症状が残っていれば後遺障害が自然と認定されると考えている人は多いです。
しかし、後遺障害を申請したけれど、等級が認定されずに悔しいと、ご相談に来られる方の共通点は「自分で症状を立証する」という考え方がなかったことです。

症状があっても、立証しなければ無いものとして扱われます。
後遺障害認定が原則として書面審査である怖さです。

後遺症を申請する際には、くれぐれも自分の症状が立証できているかという観点で書類を確認してください。



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする