後遺症認定は損賠賠償額の大部分を占めます!当事務所にご相談ください!

交通事故に遭って、多くの被害者はケガの治療のために通院します。
最初は、自分に後遺障害が残るかどうかもほとんどのケースでわかりませんので、後の後遺障害認定まで意識している方は少ないものです。
しかし、いざ6か月が経過して後遺障害認定を申請する際に、立証不足で認定が取れない非該当になって悔しい思いをされる方は多くいます。

後遺障害は損害賠償額の約7〜8割を占めます。
認定が取れるか取れないかで、賠償額が100万単位で変わってきます

そうならないためには、事故後、早いうちから専門家に相談しながら通院し、後遺障害認定を請求する際にはきちんと立証しなければいけません。



交通事故後、仕事や家事の合間に通院をされている方がほとんどですが、その中で交通事故に関する知識を得て、保険会社とやりとりを重ねていくのは大変なものです。

そんな時に、いつでも相談できる専門家がいるのと、いないのとでは大きく違います。
実際に、当事務所のご依頼者でも、ずっと一人で悩んでいたけど、やはり相談できる相手ができて本当に助かったという声を多くいただいています。

まずは、悩んでないでご相談ください!
なお、後遺障害認定後の交渉については、交通事故に強い弁護士をご紹介することも可能です。

TEL 078−647−7103

メール nrf49974@nifty.com
営業時間9:00〜20:00(日・祝日休)
初回相談無料
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

醜状痕は1ミリ足りなくても、認定されない

交通事故外傷により、顔面に傷を負われた方からのご相談です。
傷の長さが、基準に満たないのでどうしたらよいかとのことですが、醜状痕の認定は厳格です。
1ミリ足りていなくても、認定は下りません。

異議申立にしても同様です。
測定値がすべてになります。

少しの差で認定が変わるのは納得がいかない部分もありますが、やむを得ません。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むちうち症状がなかなか周囲に理解してもらえない

交通事故でむち打ち症になったが、目立った外傷がないために、周囲から理解されずにお悩みの方からご相談がありました。
家庭や職場で体調不良を訴えても、事故から数カ月経つと、初めは同情的であった人たちも理解してくれなくなることもあります。
忙しい職場などで自分だけが休んだり、早退して通院などするのも、気を遣うものです。

周囲の理解がないと、突然事故に遭っただけでも辛いのに、さらに辛い日々を送ることになります。
加えて、保険会社とのやりとりもあり、なかなか気が休まるものではありません。

そのような場合は、周囲の理解者に相談するか、専門家を活用されたらと思います。
今は全国各地に交通事故被害者を支援する専門家が多くいます。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする